雨漏りのチェックポイント

こんなサインが出ていたら、雨漏りかもしれません

雨の日に天井からポタポタと水が垂れるなど、どなたでも雨漏りだと断定できる場合はかなり補修費用がかかります。雨漏りにはサインがあり、被害の広がり方にも傾向があります。小さなサインに気づくことで、被害を抑えて補修費用も抑えられますので、雨漏りが心配な方は以下のチェックシートを使って雨漏りのリスクを一度確認してみてください。

屋内編

壁や天井にシミがある

→  シミは、その部分が濡れたあとで乾いた証拠。雨の日に触ってみて濡れているようなら、雨漏りの疑いがあります。

壁材や天井材が膨張している・剥がれている

→  雨漏りによる湿気で、壁材や天井材が波打つように膨張したり、剥がれたりすることがあります。

壁に触ると湿っぽい

→  壁を触ったときに湿っぽく感じる場合には、天井を見てみましょう。天井が濡れているようなら、雨漏りかもしれません。

サッシが濡れている

→  冬場に結露することはありますが、寒くもないのにサッシが濡れている場合は雨漏りの可能性大です。

室内がカビくさい

→  雨漏りが起きて、天井裏など室内の目立ちにくい場所でカビが発生していることが考えられます。

屋外編

屋上・ベランダにカビが生えている

→  屋上やベランダは防水性の劣化が進みやすい部分。経年劣化により防水性が損なわれると雨漏りが起き、部材が腐食してカビが生じることがあります。

板金屋根の軒先部がサビている

→  経年劣化によって板金屋根の軒先部がサビている場合は、雨漏りのリスクが高い状態です。腐食した部分から雨水が浸入する恐れがあります。

瓦の軒先が不揃いである

→  屋根の瓦は、経年劣化によってズレることがあります。すると、ズレでできたすき間から雨水が浸入することがあります。

外壁にひび割れがある

→  経年劣化により外壁が劣化すると、ひび割れを起こすことがあります。ひび割れた部分から構造部へ雨水が浸入し、雨漏りの原因になります。

チェックはいくつ入りましたか? ひとつでも入った方は、雨漏りの疑いがあります。DOORでは無料雨漏り診断を行っていますので、症状がひどくなり被害が広がる前にご相談ください!

  • ページの先頭へ戻る

0798-20-2172

お気軽にご相談ください!!0798-20-2172