お役立ちブログ

COLUMN

FRP防水について詳しくご説明いたします!

2024.05.22 お役立ちブログ

連日、現場調査・見積依頼などお問合せをいただき、誠にありがとうございます!

マンションやビルのオーナーの皆様で、そろそろ建物のメンテナンス時期かな・・

とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は防水工事の方法の1つである、FRP防水についてご説明させていただきます。

建物のメンテナンスの際に参考にしていただけますと幸いです。

なぜベランダや屋上に防水が必要なのか

ベランダやバルコニーの防水層の劣化は見落としがちな上、

目立つ場所ではないため、メンテナンスを先延ばしにしている方も多いです。

ベランダやバルコニーは建物の中でも常に紫外線や風雨に晒されており、

その上、選択を干す際など歩行量も多いため、非常に劣化がしやすい場所です。

劣化を放置すると、最悪の場合雨漏りまで発生してしまう危険性があります。

そんなときに、ベランダ・バルコニーにおすすめな防水方法が「FRP防水」です。

FRP防水について

そもそもFRPとは?

Fiber(繊維) Reinforced(強化) Plastics(プラスチック)の略で、

その名の通り、繊維強化プラスチックのことを指します。

ガラス繊維・炭素繊維などを混ぜることで耐久性を強化したプラスチックです。

お風呂の浴槽・車・船・ロケット・人工衛星の素材などにも使用される程、

軽く頑丈で優れた素材です。

FRP防水

FRPをシート状にしたもの、樹脂を塗って硬化させる防水工法です。

硬化後は、プラスチックのような固い床面が出来上がり、

耐久性・耐熱性・耐摩耗性に優れます。

FRP防水のメリット・デメリット

FRP防水のメリット

<防水性が高い>

FRPは、建築物よりもはるかに防水性能が必要なお風呂の浴槽や

船・プールにも使用する程、防水性に優れた素材です。

そのFRP素材で、繋ぎ目のない一体化した防水層を作るため、

水の侵入もなく、他の工法と比べてもトップクラスの防水性を持っています。

<高耐久で剥がれにくい>

FRP防水は、衝撃や摩擦に強いため剥がれにくい防水工法です。

施工後は、非常に固く丈夫な床面が形成されるため、

歩行量の多い場所への施工も安心です。

<工期が短い>

FRP防水は、塗膜の乾燥を待つ時間が短いため工期が短く済む

という特徴があります。使用頻度の高い床面への施工も安心です。

FRP防水のデメリット

<施工時に臭いが発生する>

FRP防水は、ガラスマットを樹脂で硬化させる工程の際に

独特の刺激臭が発生してしまいます。

屋上での施工の場合は気になりませんが、ベランダやバルコニーでの施工中は

窓を閉め切るなどの工夫が必要です。

※乾燥後は臭いがなくなりますのでご安心ください!

FRP防水が適している施工箇所

FRP防水は、強度が非常に高いため歩行量の多いベランダやバルコニーに特に適しています。

また、この防水層の強靭さは車両の走行にも耐える事ができることから、

大型ショッピングモールなどの屋上駐車場にも採用されています。

FRP防水の耐用年数とメンテナンス

FRP防水の耐用年数:10~20年前後

耐用年数は、建物の日当たりなどの環境・施工場所の広さ・歩行頻度などにより

変動がありますが、多くの場合FRP防水はこの年数で寿命が来ると言われています。

FRP防水の劣化が始まると、徐々にひび割れが入り始めます。

このひび割れ症状を放置してしまうと雨水などが入り込む原因になり、

雨漏りに繋がってしまいます。

FRP防水のメンテナンス:5~10年前後

この劣化症状からの雨漏りを防ぐために、FRP防水の表層を保護している

「トップコート」を塗り替えてメンテナンスをすることで寿命を延ばすことができます。

※トップコートの塗り替え頻度も、その床面の環境や歩行頻度によって変動します。

また、防水層の劣化症状が内部まで達する前にきちんとメンテナンスを行っておくことで、

防水工事の費用を抑えることにも繋がります。

FRP防水の施工方法

《FRP防水の施工手順》

1:既存防水層の撤去(清掃)

2:プライマーを塗り、下地の密着度を高める

3:ポリエステル樹脂を塗る

4:シート状のFRPを敷く

5:ポリエステル樹脂を塗り硬化させる

(3~5は現場の劣化状況などにより回数に変動があります。)

6:トップコートを塗り表面を保護する

マンション、ビルの屋上防水なら阪神防水センターにお任せ下さい!

阪神防水センターはビルやマンションの防水工事に特化した専門企業です。

お客様の大切な建物をしっかりと守るために、最適な防水工法をご提案いたします。

お問い合わせは、お電話またはメールにて承ります!
相談無料・診断無料・見積もり無料
お電話の場合はこちら:0120-69-1670
メールの場合はこちら:お問合せ専用フォームhttps://www.door-amamori.jp/contact/一覧へ

お電話でのお問い合わせはこちらから!

お気軽にお電話ください

0120-69-1670 【電話受付】9:00~18:00 土曜日・日曜日・祝日定休

お気軽にお電話ください

0120-69-1670 【電話受付】9:00~18:00 土曜日・日曜日・祝日定休

防水工事専門店 阪神防水センター 施工エリア

神戸・大阪を中心に関西エリア全域対応可能

お気軽に
お電話ください!

0120-69-1670

【電話受付】9:00~18:00
土曜日・日曜日・祝日定休

メールフォーム

お気軽にご連絡ください