雨漏りの原因

雨漏りはなぜ起こる?

雨漏りは、経年劣化や施工不備などによって起こります。現在、雨漏りで悩まれている方で下記に当てはまる方は、恐らく「雨漏り」だと思われます。雨漏りが進行すると、原因の特定や修復が困難になりますし、調査・工事費用も高くついてしまいますので、お早めにDOORまでご相談ください。

外壁や屋根の経年劣化

最大の原因は、外壁や屋根の経年劣化です。新築から10数年くらい経過すると屋根や外壁の瓦のずれやクラック(割れ)が起こり、瓦下の防水シートや構造部が剥き出しになることがあります。すると、雨水が瓦のすき間や外壁のクラックから浸入し、雨漏りが発生します。

PICK UP 防水シートだけでは雨漏りは防げない?

屋根に使われる防水シートは、あくまで屋根の一部として防水性を高める補助的なもの。シートだけでは十分な防水機能を得られません。瓦などが割れて剥き出しになった防水シートは、外気に晒されるとすぐに傷んで完全に防水性を失ってしまうのです。「防水シートがあるから大丈夫」と油断しないようにしましょう。

防水処理の欠陥

瓦や外壁、目地など、破損して漏水するリスクがある箇所には、雨水の浸入を防ぐために透湿防水紙やルーフィングといった2層の防水処理(二次防水)を施します。しかし、「規定サイズのラップができていない」「防水テープが適切に張られていない」といった誤った施工や手抜き施工によって防水処理が不十分になり、雨漏りを防げなくなってしまうことがあります。

過度なコーキング

地瓦全面をコーキングしてしまうと、棟部分からの雨水や寒い日に地瓦の裏面に付く結露などが外に流れ出なくなり、雨漏りの原因となります。また、瓦と野地板の間の通気機能がなくなることで、蒸れて野地板の腐敗につながります。

雨どいの目詰まりによる浸水

雨樋に落ち葉やゴミなどが溜まって目詰まりをして、雨漏りが起こることがあります。目詰まりしたことによってあふれ出た雨水が行き場を失い、通常では考えられない部分に水が流れるのです。そういった雨水が屋内に浸入すると雨漏りが起こるというわけです。

雨漏りは、上記いずれかの原因で起こります。雨漏りを放置すると、構造部の腐食が進み、補修費用が膨れあがってしまう恐れもあります。雨漏り補修工事を行うDOORでは、無料雨漏り診断も行っていますので、お早めにご相談ください。

  • ページの先頭へ戻る

0798-20-2172

お気軽にご相談ください!!0798-20-2172