西宮でマンションをお持ちの方へ!雨漏りでお困りではありませんか?

 
西宮でマンションを経営しているみなさん、雨漏りが発生した時の対処法をご存知ですか。
入居者がいる部屋に被害が出てしまうと、トラブルの原因になることもあります。
そのような雨漏りが原因のトラブルを起こさないためにも、防水工事が必要になってきます。
今回は、マンションでの雨漏りの対処についてご紹介します。
 

□マンションで雨漏りが発生するとどうなるのか

 
マンションで雨漏りが発生してしまうと、管理している管理組合が責任を負わなければなりません。
マンションの屋上は共用部分であるため、管理組合の問題となり、居住者とのトラブルの原因になることもあります。
しかし、管理組合が負担する責任があるのは共用部分の屋上のみで、実際に被害が出た居住者の専有部分である天井は、誰が修繕費を負担するべきなのかをはっきりとした規定がありません。
共有部分の雨漏りが原因で専有部分の天井に被害が出たため、管理組合に賠償責任があるようにも思えます。
しかし、それが原因で居住者と管理組合のトラブルが発生することになります。
賃貸の場合、貸主が借主に対して普通に住むことのできる住居を貸す義務があるため、雨漏りが発生してしまうと義務の内容と一致しません。
雨を凌ぐことができないということは、住居として機能していないこととなります。
そのため、雨漏りが発生すると貸主に修繕する責任があります。
また、雨漏りだと思っていたら、上の階の住居の水漏れである場合は注意が必要です。
この場合、上階の水漏れによって天井に染みができてしまうことがあり、部屋の数が多いマンションであると調査が難しいでしょう。
水漏れが発生して、被害が出た場合は保険の対象になることがあるため、よく調べる必要があります。
雨漏りが実際に起きてしまった場合、階下に被害が出ないように対処をする必要があります。
管理会社は住人へ対処方法を細かく指示し、修理会社への迅速な対応が必要になります。
住人からの連絡があったときの立ち回りをあらかじめ決めておくと良いでしょう。
また、雨漏りの発生を未然に防ぐためのメンテナンスを定期的に行うことも重要です。
住民とのトラブルの回避にも繋がるため、そういった管理も必要であると言えるでしょう。
□雨漏りの修理で起きやすい入所者とのトラブル
マンションを管理している方で、雨漏りが発生した部分の修理を行うために入居者の部屋に入らなければならない場合があります。
特に、ベランダの防水が劣化して起きる雨漏りでは、部屋に入って直す方法しかありません。
雨漏りを修繕するためには必要な行為です。
しかし、入居者がこれを拒否する場合があります。
できるだけ早く工事を行わなければ、下の階の住人に迷惑がかかってしまい、実質的な被害が出た場合、賠償責任を問われることがあります。
では、入居者が立ち会ってくれない場合、どのようにして修理すれば良いのでしょうか。
雨漏りなど、緊急性の高い修理をする場合は原則として賃借人は拒むことができません。
しかし、勝手に部屋に入り、修理を行うことはプライバシーの侵害で慰謝料を請求される可能性があります。
そのため、事前に工事のことを入居者に通知することで、入居者の立会い無しで修理を行うことが可能になります。
不在時に修理を行うため、入居者に知らせなければならない点がいくつかあります。
はじめに、修理を行う日にちを事前に伝えます。
これは最も大事な点であり、慰謝料を請求されるようなトラブルを起こさないために必要であるでしょう。
次に、修繕工事が終了したらすぐに連絡を入れることです。
入居者が立ち会わない理由は様々であり、工事が終了するまで家に帰らないつもりでいる可能性も考えられます。
工事が終了したらすぐに報告しましょう。
また、工事業者だけでなく、管理会社や大家にも立ち会ってもらう必要があります。
これは、安全面や犯罪を防止する観点からも重要になります。
他にも、入居者に貴重品を持って出かけてもらうことを伝えましょう。
これらの注意点を踏まえた上で、入居者への連絡を忘れずに行いましょう。
 

□マンションの防水工事の種類

 
マンションの防水工事には箇所によって種類があり、屋上部分や陸屋根、ベランダやバルコニーでの雨水の侵入を防ぐための工事になります。
雨漏りは、建物内部に雨水が侵入してしまうことで発生してしまいます。
それを放置しておくと、住人の専有部分に被害が発生してしまうことや、マンション自体の劣化を早めることにつながります。
マンションを長く使うためにも、防水工事は必要になるでしょう。
防水工事には工事方法が4種類あり、箇所によって向き不向きがあります。
ウレタン樹脂を流し込むウレタン防水や、ポリエステルに硬化剤やガラス剤を混合したものを塗装するFRP防水は、ベランダやバルコニーの防水に向いています。
液体状のものを流し込むような工法は、細かい部分にも防水層を張ることが可能です。
防水シートを張るシート防水や、一般的な道路でも使用されるアスファルトを使ったアスファルト防水は、広い場所に適しているために屋上防水などにおすすめでしょう。
ウレタン防水では、流し込むだけの工事方法であるため、複雑な形状の場所にも適しています。
一方で、アスファルト防水やシート防水では、決まった形での工事が一般的であるため、屋上や陸屋根での工事に適しています。
このように、防水工事には種類があり、マンションの箇所によって異なる工法が良いため、工事業者との相談が必要になるでしょう。
また、雨漏りは住人の生活に悪影響をもたらします。
そうなった場合、マンションの管理者や管理組合、オーナーはクレームを受ける可能性があります。
マンションの防水効果を高めて、定期的なメンテナンスを行うことでそういったトラブルを防ぐことができます。
屋根や外壁の塗装だけでなく、定期的な防水工事でマンションを快適に過ごせるように保つ必要があるでしょう。
 

□マンションでの雨漏りの調査方法

 
先述した通りマンションで雨漏りが発生してしまうと、入居者への被害や迷惑がかかってしまう可能性があり、安心のある生活を妨げることにもなります。
雨漏りの発生で、マンションのオーナーや管理会社が、入居者とトラブルになってしまうケースが後を絶ちません。
また、入居者の専有部分への被害が出てしまった場合の、弁償をする人などが明確に決まっていないため、非常に解決が難しい点でもあります。
そのため、雨漏りが発生した時の迅速な対応と、定期的な防水工事が必要になるでしょう。
雨漏りの原因は屋根や屋上と考えられがちです。
しかし、ベランダやバルコニーに原因は考えられます。
雨風にさらされる箇所は屋根や屋上だけではありません。
どこから雨漏りしているのかを知るためにも、業者に依頼することが必要です。
雨漏りを発生させる原因としては、建物の劣化状況やメンテナンスの頻度が関係しています。
ひび割れや、防水層の劣化などが原因として挙げられ、防水工事を行うことで未然に防ぐことができます。
しかし、すでに雨漏りが発生している場合、どこから雨が侵入しているかを調査しなければなりません。
一般的な雨漏りの調査は散水調査と呼ばれるものです。
散水調査は、雨漏りが発生している部分から原因を探るために水を流し、どこに問題があるのかを調査する方法です。
ただ水を流すだけではなく、水の量や流す時間を調節して調査を進めるため、業者の技術力が重要になります。
また、調査では今までの経験が手際の良い作業につながるため、実績のある業者選びが必要になります。
業者を選ぶ際は、ホームページや口コミを参考にすることがおすすめでしょう。
 

□まとめ

 
今回は、マンションで雨漏りが発生したときの対処法や、トラブル避ける方法についてご紹介しました。
マンションを経営している方は、ぜひこの記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。