神戸でお住いの皆さん!屋上防水の種類についてご紹介しましょう!

神戸にお住まいのみなさん、屋上防水についての知識はありますでしょうか。
屋上防水にはいくつかの種類があり、建物の種類によって使い分けられることがあります。
また、価格や施工時間にも違いがあり、業者に依頼する前にあらかじめ種類について知っておくとよいでしょう。
今回は、屋上防水の種類についてご紹介します。

 

□屋上防水はなぜ必要なのか

種類についてご紹介する前に、なぜ屋上防水が必要であるかについて説明します。
まず、定期的に防水工事をおこなうことで、建物自体の寿命を伸ばすことにつながります。
これは、屋上だけに限られたわけではありません。
屋上に加えて、ベランダやバルコニーにも定期的な防水工事をおこなう必要があります。
しかし、屋上は他の箇所に比べて最も雨風に晒されるポイントであり、雨漏りの要因になりやすいです。
そのため、屋上防水は最も重要度の高い防水工事であります。
先述した通り、屋上防水をおこなう理由は、建物の劣化を防ぐためです。
仮に、屋上防水をしないまま、メンテナンスもおこなわなかった場合、建物内部に水が侵入することでカビや菌の繁殖の原因になるでしょう。
また、水が侵入することで雨漏りの原因にもなり、建物の劣化が促進されます。
つまり、屋上防水をせずに、屋上の防水機能が失われてしまうと、雨漏りやカビの発生により、建物が水によって蝕まれていくことになるということです。
屋上防水をあまりしていない建物で、すでに水の侵入を許してしまっている場合があります。
その場合、すぐに屋上防水を依頼する必要があるでしょう。
そのような、急ぎの屋上防水を必要とする劣化症状についてご紹介します。

1つ目は雨漏りです。
雨漏りは、屋上から侵入してきた雨が、建物内部に侵入して天井や床、壁に浸透して被害を与えます。
屋上から近い部分の雨漏りであればすぐに補修が可能です。
しかし、アパートやマンションの屋上とそこまで近くない部屋で水の侵入が見られたら危険信号です。
その場合、建物内部の断熱材などに水が染み込んでしまい、それが飽和している可能性があります。
また、長い期間、水に侵入されていたことになるため、カビや菌が発生している場合もあるでしょう。
そのため、雨漏り調査の依頼をおすすめします。

2つ目は、屋上に水が溜まって雑草が生えている症状です。
これらも、排水溝を通らずに、建物の内部に浸水している恐れがあります。
これらの症状が見られたら、屋上防水を依頼しましょう。

3つ目は、ひび割れが発生している症状です。
また、過去にした防水工事で取り付けた防水シートが破れている状態や、浮いている状態である場合も屋上防水の必要があるでしょう。
次に、屋上防水の種類についてご紹介します。

 

□屋上防水の種類

屋上防水工事には、大きく分けて3つの種類があります。
その種類の中でも工法の違いがあり、建物の特徴や、劣化状況、価格や工期もそれぞれ違うため、依頼をする前にきちんと理解しておくことが重要です。
理解を深めた上で、建物に合った適切な工事方法を依頼しましょう。

1つ目の屋上防水はウレタン防水です。
ウレタン防水とは、液体状のウレタン樹脂を流し込むことで防水層を形成する防水工事です。
ウレタン樹脂は液体であるため、複雑な形状をした屋上にも対応しています。
また、工事費用が安価なため、できるだけ出費は抑えたい方におすすめでしょう。
80㎠から100㎠の屋上を基準として、価格相場は4,000円から7,000円で、工期は4日から5日程度になります。
ウレタン防水には、通気緩衝工法と密着工法の2種類の工法があり、それぞれ違った特徴があります。
通気緩衝工法は、屋上防水で最も一般的な工事方法であるでしょう。
流れとしては、空気が通るための通気溝のある通気シートを設置して、その上からウレタン樹脂を流し込みます。
通気シートがあることで、下地と防水層の間に水分が溜まりません。
なぜなら、空気の通り道が確保されているため、水分が入る余地がないからです。
また、防水層の内部を空気が循環していることで、建物内部に水が侵入したとしても外に排出できる特徴があります。
密着工法は、あまり屋上防水に使われる工法ではありません。
ウレタン樹脂を直接流し込む工法であるため、屋上の素材と防水層の間に水分が侵入してしまう可能性があります。
価格も安いため、便利屋やDIY業者などへの依頼はおすすめしません。
防水工事の専門業者への依頼だと問題ないでしょう。

2つ目の屋上防水はシート防水です。
シート防水の特徴は、水道のパイプなどによく使用されている塩化ビニルシートをかぶせて防水層を作ります。
過去にウレタン防水を施工した屋上であっても、その防水層を撤去することなくシートを被せて施工できます。
シートを被せるだけで簡単な施工と思われがちですが、そうではありません。
防水シートとの隙間が雨水の浸入の原因となりやすく、施工不良の無いように実績のある専門業者を選びましょう。
価格は4,000円から7,500円で、工期は4日から5日程度です。
適している建物はビルやマンションなどの屋上が広い建物です。
シート防水は、密着工法と機械式固定工法があります。
密着工法は、防水シートを接着剤で貼り付ける工事方法です。
接着剤の劣化や、下地の劣化状況に影響を受けるため、屋上防水のような広範囲の施工にはあまり向いていません。
一方で、機械式固定工法は固定するための機械でシートを下地に打ち付ける工法です。
そのため、下地の劣化状況にあまり影響を受けず、広い面積の屋上には向いている施工方法だと言えるでしょう。

3つ目の屋上防水は、アスファルト防水です。
アスファルト防水の特徴は、耐用年数が長く、大規模な屋上防水に適しています。
価格は5,000円から8,000円でやや高価格で、工期も6日から7日と少し長くかかります。
大規模であるため、ウレタン防水とは違って複雑な形状の屋上には適していません。
屋上に障害物が少ない建物におすすめでしょう。
アスファルト防水には、トーチ工法と熱工法の2種類あります。
トーチ工法という名前は、トーチバナーと呼ばれるバナーを使うことに由来しています。
アスファルトが裏面にコーテイングされた防水シートを被せて、トーチバナーでシートを炙ることでアスファルトを溶かしながら施工します。
トーチ工法では、アスファルト特有の匂いがしないため、防水工事として広く普及しています。
熱工法では、トーチ工法のように匂いを抑えることができません。
液状に溶かしたアスファルトを撒きながらルーフィングを張っていく工事方法です。
特有の匂いが気になる方が多いため、最近ではあまり一般的な工事方法ではありません。
トーチ工法の代用として考えておくと良いでしょう。

 

□屋上防水を依頼する業者の選び方

屋上防水は、中には難易度が高い工事もあるために施工不良が発生する確率も低くはありません。
近年では、材料の改良や機械の発達により、施工ミスも減ってきてはいます。
しかし、やはり品質や完成度の良さは業者によって差が出るため、信じられる業者を選ぶ必要があります。
では、どのようにして優良な業者を選べば良いのでしょうか。

まず、訪問販売で営業をしている業者には気をつけましょう。
訪問販売をして、特別価格での提供をおすすめしてくる業者がよくいます。
そういった業者は、安定した依頼がないために訪問販売をしている可能性が高いです。
依頼を考えているのであれば、信頼できるかどうか他の業者とも比較しながら依頼しましょう。

最近では、インターネットで業者を探すことをおすすめしています。
チラシや訪問販売では情報量が多くありません。
しかし、インターネットでは、他社と比較して依頼先を決められるため、自分に適した業者を簡単に探すことができます。
また、インターネットでは施工事例や施工実績も簡単に見られるため、瞬時に判断できます。
優良業者を簡単に探すにはインターネットの活用をおすすめします。

 

□まとめ

今回は、屋上防水の種類や特徴についてご紹介しました。
屋上防水には種類が多くあり、自分の建物に適した施工方法を探すのが難しいです。
そのため、業者に依頼を考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。