神戸市にお住まいの方へ!雨漏り修理の種類についてご紹介します

皆さん、雨漏りをしているのに気付いた際は、どのように対処しますか。
最初に行う必要があるのは、雨漏りの原因の特定です。
なぜなら、雨漏りの原因は複数あり、その各々の原因に対して適切な対処方法が異なるからです。
また、雨漏り修理の種類もたくさんあるため、ここでお伝えできればと思います。

 

□雨漏りの原因について解説

 

*雨漏りの原因を特定することの必要性とは

 

雨漏りというと、「家の内部に雨が侵入してくる」という認識だと思います。
映画やアニメなどで、天井から垂れてくる雨水をバケツで受け止めるシーンを見たことがある方は多いのではないでしょうか。
実は、雨水が侵入してくる場所は様々です。
一般的に雨漏りといって思い浮かべるのは、天井からの雨漏りではないでしょうか。
屋根のどこかに隙間ができ、大雨の際に水がしみこみ、天井から水滴が滴り落ちてくるイメージだと思います。

しかし、雨水が浸入してくるのは屋根からだけではありません。
壁や窓のサッシ、壁に穴をあけて取り付けられた給排水管の隙間など、雨水の浸入箇所は家中に存在していると言えるでしょう。
これらの場所から侵入した雨水が最終的に天井から落ちてくるイメージです。

さらに、実際に雨漏りの原因になっている箇所と、雨漏りの被害が目で見て分かる場所が異なっている場合は厄介なケースだと言えるでしょう。
例えば、実際には屋根が損傷しており、そこから雨水がしみこんでいる場合に、雨水が壁を伝って別の損傷個所に流れ、内部に侵入したとします。
壁にしみができていても、実際の原因がある天井に分かりやすい症状が見られない場合は、見落としてしまう可能性があります。
このように、雨漏りの原因は特定するのが困難ケースがあります。
専門家に雨漏り調査をしてもらい、正確に原因を突き止めてもらう必要があるでしょう。

また、そもそも水が漏れている原因が雨漏りではない場合も考えられます。
特に、天気に関わらず水が漏れている場合は、雨漏り以外の原因を考える必要があるでしょう。
漏水は、洗面所や浴室などの水回りの排水管などに欠損があり、そこから水が漏れている状態のことです。
漏水が起こっている場合は、水道料金の請求額が普段よりも高くなるため、そこから判断することが可能でしょう。
使用している水の量は変わっていないのに、いつもより水道代の請求額が高い場合は、まず漏水の可能性を疑ってみることをおすすめします。

 

*雨漏りの原因箇所について解説

 

雨漏りの原因は特定するのが難しい場合がありますが、そうはいっても、原因となる傾向の高い箇所がいくつか存在します。
雨漏りに気づいた際は、まずこれらの箇所から見ていき、原因の特定を行うことが有効でしょう。
ここでは、雨漏りが起こる可能性の高い箇所を5つ解説します。

1つ目は、屋根の損傷部分からです。
屋根は、大雨や台風の際にダイレクトにダメージを受ける場所であり、損傷する可能性が高いでしょう。
屋根の損傷には大きく2つの要因があります。
台風や地震などの外的要因と、長く雨風にさらされることによる経年劣化です。
台風などの自然災害によるダメージはとても大きなものになる可能性があります。
しっかりと対策を施しておく必要があるでしょう。
また、経年劣化による損傷は、見落としてしまいがちなので注意が必要です。
気づかないうちに屋根のスレートという表面の部分や瓦が損傷してしまっていることもあります。

2つ目はベランダです。
ベランダは人の出入りが頻繁に行われるため、その分防水塗膜が擦り切れやすい特徴があるでしょう。
屋根と比べて早くダメージを受ける傾向があります。
また、ベランダの排水溝が詰まることによって、雨水がうまく排水されず建物内に侵入することも考えられるでしょう。

3つ目はサッシ枠と防水シートの隙間です。
経年劣化によるヒビ割れによつ雨水の侵入を防ぐために防水シートが張られていることがあります。
しかし、その防水シートも経年劣化によって建物との間に隙間ができてしまいます。
その隙間が雨漏りの原因になってしまうケースが考えられるでしょう。

4つ目は排水管や給水管です。
見落されやすい箇所ですが、排水管や給水管も外壁や防水シートを貫通して設置されているため、隙間ができるとそこから雨水が侵入します。

最後は天窓です。
近年はあまり天窓からの雨漏りは報告されていませんが、可能性がないとは言い切れません。
10年を目途にコーキングの劣化具合を調査してもらうことが大切です。

 

□雨漏り修理の種類について

 

前述のように、雨漏りにはいくつかの異なる原因があるため、その原因を特定したうえで適切なアプローチをする必要があるでしょう。
損傷している部分が小さい場合やその程度が軽い場合は、隙間を埋める役割をしているコーキング材の補修のみで済むこともあります。
しかし、屋根のダメージが大きい場合は屋根全体のリフォームが必要になることもあるでしょう。
このように修理の規模も様々ですので、費用に関しても違いが出てきます。
ここでは、雨漏りに対する修理の種類と、その費用相場について解説します。

雨漏りの原因が外壁の防水処理部分の劣化によるものであれば、コーキングの補修だけで解決することが多いです。
しかし、雨漏りの原因箇所の特定に時間を要することがあり、調査作業が長くなる場合があります。
修理の費用相場は、おおよそ数万円から10万円ほどでしょう。

次に、経年劣化による屋根瓦の損傷などが原因で、下地にまで雨水が浸透している場合は、破損している瓦やその周囲の下地の補修が必要になります。
足場の設置にかかる費用を含めて、費用相場は25万から30万円程度になるでしょう。
雨漏りによる屋根の損傷が激しい場合は、根本的な修理が必要になります。
根本的な修理というのは、屋根全全体のリフォームなどを指します。
屋根材の交換工事を要することもあり、費用も高額になるでしょう。
標準的な一戸建て住宅の場合、費用相場は100万から180万円です。

 

□ロープワーク工事の施工方法について

 

屋根のリフォームをはじめとした雨漏りの修理には足場の設置を伴う工事があります。
足場の設置や仮設トイレの設置といった一時的に工事に使用するものだけで、リフォーム工事の費用の10%から25%を占めています。
つまり、この部分の費用を抑えることは、雨漏り修理の総費用を安く抑えることに繋がると言えるでしょう。

そこでおすすめなのが、ロープワークによる工事です。
屋上にロープを固定する場所さえあれば、ロープワーク工事は可能です。
ロープワーク工事は、足場作業と違い、部分的な補修や軽作業をする際に適しており工事費用を比較的安く抑えられるというメリットがあります。
メリットはコストの抑制の観点だけではありません。
工期を短縮できる点や、足場の設置に比べて外観を損なわない点も、ロープワーク工事をおすすめする理由です。
このように、ロープワーク工事には足場を組んで行う工事と違った良い点があるため、柔軟に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

□まとめ

 

雨漏りは屋根以外にも防水シートの隙間などから発生することがあります。
雨漏りの発生箇所や原因に応じて適切な工事をする必要があるため、まずは専門の業者に依頼をして雨漏り調査をしてもらい、雨漏りの原因を特定するのが良いでしょう。
ワークロープ工事などを柔軟に取り入れ、コストを抑えて修理を行いましょう。