神戸市で雨漏りにお困りの方へ!雨漏り工事やリフォームの費用を抑えるポイントとは

皆さんの中には、雨漏り修理を行うために、リフォーム検討している方がいらっしゃるのではないでしょうか。
やはり、費用の相場については、ある程度把握しておきたいものですよね。
そこで今回は、雨漏り工事やリフォームの費用を抑えるポイントを解説します。

 

□部位別の雨漏りの原因とは?

 

そもそも、なぜ「雨漏り」が発生するのかご存知でしょうか。
雨漏りと言えば、屋根が原因となって発生するものと考える方が多いでしょう。
しかし、雨漏りの発生原因は、屋根だけではありません。
実は、雨漏りは、外壁が原因となって発生するケースが多いことをご存知ですか。
特に、建物の最上階の上部からの雨漏りでない場合は、外壁が原因となっている可能性が高いでしょう。
では、「屋根」と「外壁」で雨漏りが発生する原因には、どのようなものが挙げられるのでしょうか。

 

*屋根が原因の雨漏り

屋根からの雨漏りの場合、棟板金や谷板金が原因となっている可能性があります。
この棟板金や谷板金では、屋根本体と取り合い部分に隙間が空いてしまうことで雨漏りが発生してしまいます。
また、取り合い部分のコーキングが劣化してしまうと、雨水が侵入してしまうでしょう。
他には、瓦が原因となっている可能性も考えられます。
例えば、地震のような大きな負荷が建物にかかってしまうと瓦がずれたり、割れたりすることがあります。
屋根は、じっくりと近くで見ることができないため、普段暮らしているだけでは、ずれや割れに気が付かないことも多いでしょう。

 

*外壁が原因の雨漏り

 

外壁からの雨漏りの場合、コーキングや外壁塗膜の劣化が原因となっている可能性があります。
コーキングや外壁塗膜には、寿命があります。
一定の年数が経つと劣化により、雨漏りの原因になることがあるのです。
また、外壁のひび割れが原因となっている可能も考えられるでしょう。
名刺の厚み程度のひび割れであれば雨漏りの原因になることは少ないですが、それ以上の厚みがあると、外壁の向こう側まで貫通している場合があります。
このようなひび割れは、外壁をよく観察すると見つけることができるため、一度確認してみてください。
さらに、外壁の近くにある雨どいも雨漏りの原因になることがあるため注意が必要です。
例えば、雨どいに落ち葉やゴミが溜まってしまうと、目詰まりを引き起こしてしまうでしょう。
そうすると、雨水が行き場を失い、屋内に侵入することがあるのです。
以上が、部位別の雨漏りの原因です。
屋根と外壁、どちらにも言えるのが経年劣化によって雨漏りが発生する可能性があることです。
どうしても外壁や屋根は、紫外線や風に直接さらされてしまうため、劣化は避けられません。
もし、雨漏りを発見したら、まずは原因を特定することが重要です。
当社では、雨漏りリフォーム工事から原因特定の調査を行っています。
ぜひ、雨漏りでお悩みの方がいらっしゃいましたらは、一度お気軽にご相談ください。

 

□雨漏りリフォームの費用相場

 

皆さんには、雨漏りの発生原因についてお分かりいただけたと思います。
では、リフォームには、どれくらいかかるのか費用相場について紹介します。
実は、雨漏りフォームの相場は断定できません。
なぜなら、雨漏りリフォームにかかる費用は、原因となっている部分の傷み具合によって大きく異なるからです。
また、屋根や外壁材の種類によっても、費用が変わってくるでしょう。
具体的に、費用は、大きく「材料費」「労務費」「粗利益」の3つの要素で決まります。
それぞれの要素について紹介します。
材料費は、前述したように、雨漏りの原因によって大きな差があります。
さらに、大手ハウスメーカーでは、中間マージンが発生する場合が多いためリフォーム費用が高くなる傾向があるでしょう。
雨漏りリフォームの費用を知るためには、まず調査を依頼し、見積もりを出してもらうと良いでしょう。
当社では、現地調査と見積もりを無料で行っています。
まずはお気軽にご連絡ください。

 

□雨漏り工事の調査費用の相場

 

雨漏り工事を行う前には、まず原因を見つける必要があります。
大きなひび割れや穴の場合、自分で見つけることができると思いますが、実際のところ、原因となっている部分を見つけることは、とても難しいです。
また、専門的な知識が必要な雨漏り修理では、知識や技術がない状態で行ってしまうと、被害がより大きくなってしまう可能があります。
よって、雨漏り調査を専門家に依頼することがおすすめだと言えるでしょう。

雨漏り調査は、目視で見つける方法や水を撒いて見つけるなど、様々な方法があります。
特殊な道具を用いて、原因を見つける方法もあります。
これらの調査費用の相場は、方法によって異なると言えるでしょう。
例えば、目視で見つける方法の場合は、0円から3万円ほど、水を撒いて見つける方法の場合は、3万円から18万円ほどと考えておくと良いでしょう。
実は、目視で見つける方法では、無料で調査を行う業者があります。
しかし、調査後に工事を依頼された方のみ無料にするという業者もあるため、どんな条件で無料になるのか事前に確認しておくことをおすすめします。
一方で、当社では、雨漏り工事を依頼いただかない場合でも、調査は無料ですので安心してください。

その他にも、サーモグラフィ調査や香料調査がありますが、費用が高額になる場合が多いです。
まずは、雨漏り修理のプロに相談してみて、どのような調査方法を行い、どのような工事をすべきか決めると良いでしょう。

 

□雨漏り工事の費用を抑えるためには?

 

雨漏り工事では、場合によっては、費用が高額になることがあります。
やはり、必要な工事だからと言っても、できるだけ費用を抑えたいものですよね。
では、どのような方法で、雨漏り工事の費用を抑えることができるのでしょうか。
結論から申し上げますと、雨漏りの原因を見つけることです。
実は、高額な費用を払って、雨漏りの工事を何度が行ったが、雨漏りが治らなかったケースも存在します。
そうなると、費用を抑えるどころか、無駄な費用を払っていることになりますよね。

しかし、なぜ、雨漏り工事を行ったのに治らないのでしょうか。
それは、雨漏りの原因を特定しなかった可能性が高いです。
また、「雨漏りリフォームの費用相場」で申し上げたように、雨漏り工事は原因となっている部分の傷み具合によって大きく費用が異なります。
少しの雨漏りぐらい平気と放置しておくと、傷み具合はひどくなるため、いざ、雨漏り工事を行う時には高額な費用が必要になってしまうのです。
つまり、早期に雨漏り工事で原因を見つけることは、費用を抑えることにつながるでしょう。
雨漏りは、知らないうちに進行していたり、劣化が進んだりと、意外と気が付きにくいです。
実際に、調査をしてみると、内部に水が侵入していたことを発見したケースが多くあります。
屋根が外壁に劣化がみられる場合は、一度調査を依頼してみることをおすすめします。
雨漏り工事を依頼する業者選びでは、修理の経験、実績に注目してみてくださいね。

 

□まとめ

 

雨漏りは、今は大丈夫と思っていても、数年経つと屋根や壁の劣化により発生してしまいます。
突然の自然災害や何らかの影響で、雨漏れが発生することもあるでしょう。
また、皆さんの中にも、現在雨漏りで悩まされている方もいらっしゃると思います。
そんな方は、まずは原因を特定することから検討してみてください。