西宮市で雨漏りにお困りの方へ!屋根の雨漏りの修理について詳しく解説します

「屋根から雨漏りがしてきた!」

雨漏りがしてきたら業者の方にすぐに相談すると思います。

そもそもなぜ雨漏りが発生してしまうのでしょうか。

もし原因を知っていれば定期的なメンテナンスで雨漏りを未然に防げたかもしれません。

今回は雨漏りがなぜ発生するのか、そのメカニズムと修理方法について学んでいきましょう。

 

□屋根から雨漏りが起こりやすくなる原因とは

 

1つ目は、ドレン(排水溝)の詰まりです。

雨漏りが発生したら、まずは排水溝に問題がないか確認しましょう。

理由は、もっとも確認しやすいことに加えて、対処がしやすいからです。

排水溝が原因で雨漏りが発生する場合は、落ち葉や虫の死骸などのゴミがたまっていることがほとんどです。

ゴミを取り除けば雨漏りが解決することも多いため、雨漏りが発生したらまず排水溝を疑ってみてください。

もし排水溝は特に詰まっている形跡はないようであれば、ウレタンが狭くなって詰まっていないかを確認してみてください。

それでも問題がない場合は、ドレンとパイプの接合部から雨漏りしている場合があるので業者の方に相談して検査してもらいましょう。

まずはセルフチェックをしてどんな問題があるのかを確認してみましょう。

 

2つ目は、防水シートの劣化です。

実は、屋根には防水シートと呼ばれる雨漏りを防ぐためのシートが敷かれています。

もしかすると普段あまり目にしない部分なので知らない人も多かったのではないでしょうか。

このシートは劣化すると雨漏りを引き起こしますが、特に平坦な陸屋根や屋上では劣化スピードが早くなります。

まず、防水シートは湿っている時間が長いほど劣化が早くなってしまいます。

そのため、雨が上がっても乾きにくい平坦な屋根では防水シートの寿命は短くなってしまうのです。

また、太陽光や紫外線も防水シートにとってはあまりよくありません。

これら2つのダメージが蓄積され平坦な屋根では劣化が加速してしまうのです。

 

防水シートの劣化を見分ける方法は簡単です。

陸屋根や屋上の床をみて、ひび割れ・ふくれ・めくれがないかチェックしてください。

もしも、これらがあった場合は、防水シートを取り替える頃合いかもしれません。

これらを放置したままにしておくと雨漏りの原因になってしまうため、必ず業者の方に相談して対処しましょう。

 

3つ目は、パラペットや天板、内樋(うちとい)の劣化です。

パラペットとは、屋上などの端から立ち上げられている小さな壁のことをいいます。

パラペットには転倒防止の効果だけでなく、防水、美観を保つといった目的があります。

このように多くの役割を果たしてくれているパラペットですが、非常に傷みやすいパーツであるということを理解しておきましょう。

パラペット本体には劣化を防ぐための天板と呼ばれる金属がついています。

普段は天板がパラペットの劣化を防いでくれていますが、横殴りの雨や強風によって天板が痛むとパラペットにたちまち傷がついてしまいます。

定期的に点検をして、パラペットが傷つく前に天板の交換をしましょう。

また、雨樋も落ち葉などのゴミでよく詰まるため注意が必要です。

特に、外から雨樋が見えない内樋は、美観的には優れていますが、いざ詰まったときに原因がわかりづらい箇所でもあります。

「内樋が詰まることもある」と知っておけばスムーズに修理を進められるでしょう。

 

□屋根の防水工事の種類とは

 

屋上屋根や陸屋根の場合は、三角屋根のように勾配がないため、雨水を受け流せません。

そのため、屋上屋根や陸屋根の雨漏り対策では防水層を設けるための工事を必要とします。

防水工事は、一度で終了するものではなく定期的なメンテナンスを必要とするものです。

メンテナンスの時期については一概には言えませんが、施工の品質や気候によって変わってくるため、定期的に検査をしてもらいましょう。

 

一方、勾配のある三角屋根はどのような防水工事が必要なのでしょうか。

実は、三角屋根の場合は、屋上屋根や陸屋根のように防水塗料を塗るだけでは解決しないことがあります。

例えば、屋根瓦に何らかの問題があり、雨漏りが発生した場合を考えてみましょう。

この場合は、瓦本体にヒビが入っていたり、漆喰にトラブルがあることも多く、その上から防水工事を行っても意味がないでしょう。

屋根にはそれぞれ適した工事の種類があるため、それぞれに適した修理をすることが大切です。

 

 

□コーキング工事とその材料について

 

ここからは雨漏りの修理に使用するコーキング材についてみていきましょう。

コーキング材は別名シーリング材とも言われ、隙間を埋めるために使用する液体になります。

用途に応じてたくさんの種類があるのでここではその種類だけを説明し、次の章でそれぞれの特徴について解説していきます。

コーキング材には、1成分で固定するものと2成分で固定するものの2種類があります。

ここでは、2種類あるということを頭に入れておきましょう。

 

*1成分形

 

・シリコン系

・変成シリコン系

・ポリサルファイド系

・ポリウレタン系

・アクリル系

・SBR系

・ブチルゴム系

・油性コーキング系

 

*2成分形

 

・シリコン系

・変成シリコン系

・アクリルウレタン系

・ポリサルファイド系

・ポリウレタン系

 

 

□コーキング材のそれぞれの特徴

 

先ほどコーキング材を一通り紹介したので、ここからはもう少し詳しく特徴を説明します。

 

まず、シリコン系を紹介します。

シリコン系は耐熱性と耐候性に優れ、ガラスによく接着します。

ただ、目地の周辺を汚染してしまうことがあるため、汚染防止処理が別途必要になることもあるかもしれません。

処理が必要かどうかは業者の方の判断に従いましょう。

 

シリコン系と逆の性質をもつのが、ポリウレタン系です。

耐熱性、耐候性には弱いですが、後塗膜や目地の非汚染に優れています。

屋外で使用する際は、塗装での使用が前提となります。

シリコン系とセットで覚えておきましょう。

 

次に、変成シリコン系です。

変成シリコン系はシリコン系の汚染力を改善させたものです。

耐熱性や耐候性こそシリコン系には劣りますが、汚染が抑えられるほか、柔軟性も優れているので伸縮の強い金属にも適しています。

温度変化で膨張、伸縮しやすい金属には柔軟性の優れたものを使いましょう。

また、ポリサルファイド系は耐熱性は変成シリコン系と同じくらいですが、耐候性と防塵性に優れています。

ただし、柔軟性はないので伸縮の激しい材料には使えません。

 

次は、ウレタン系を紹介します。

ウレタン系のコーキング材は、強い弾性力を示すのが特徴です。

無機質な材料でも目地の汚染はありませんし、耐久性もダントツの性能を持っている優れた材料です。

ただし、紫外線に弱く、吸塵性もあるため、使用する際は表面に塗膜を塗るなどの措置を施しましょう。

また、少し特徴が異なるものとして油性コーキング系があります。

今までのものは内部が硬化するものでしたが、この材料は硬化せずに表面に皮膜を形成し目地を守ります。

イメージとしては木工用ボンドを想像していただければわかりやすいです。

ただ、硬化しないので固まったと思っても、中が柔らかいこともあるため注意しましょう。

 

他に、アクリル系という材料もあります。

アクリルパネルは弾性体で湿った面にも使用できるのがメリットですが、耐久性がないためリフォーム等では滅多に使用されません。

あくまで参考程度に覚えておきましょう。

 

□まとめ

 

雨漏りの原因について理解していただけましたか。

雨漏りが発生した時は、セルフチェックもできますが、屋根に登るとなると危険なので業者の方に頼んでしまうのがいいかもしれません。

もしも雨漏りに関するお悩みがございましたら、西宮で雨漏り補修のご相談を承っております当社までぜひご連絡くださいませ。