西宮市の専門業者が解説|屋上の雨漏りや防水工事について

「屋上の雨漏りはどうやって発生するの?」
「屋上の防水工事はどんな作業をしているのだろう。」
ご自身がお住まいになっている家が雨漏りして、業者に修理を依頼した経験はありませんか。
どんな修理が行われているのか気になりますよね。
また、どのように修理されて雨漏りを改善できたのか気になりますよね。
そこで今回は、屋上の雨漏りや防水工事について解説します。

 

□雨漏りの原因

屋上の雨漏りで考えられる主な原因は「防水層の劣化」、「施工ミス」、「排水溝の詰まり」があります。
各原因の特徴と対処方法について解説します。

*防水層の劣化

屋根を採用している住宅やマンションなどの屋上には必ず、屋上に溜まった水が建物内に浸水しないように防水層が施工されています。
しかし、経年劣化によりひび割れや剥がれが生じ、隙間から水が浸入することで雨漏りが発生します。
防水層の劣化に対して、屋上のシート防水をはることで対処します。
シート防水にはアスファルト系、塩化ビニール系、ゴムなど様々な素材があり、修繕方法も多様です。
場合によっては、既存のシート防水の上から新しいシート防水をはることもあります。
他にも、部分的に補修を施したり、保護塗料を塗ったりする方法があります。
当社ではお客様のご予算や劣化の程度にあった修理方法を提案します。

*施工ミス

まれに業者の手抜き工事によって防水処理が適切に行われていないことがあります。
例えば、防水テープが適切にはられていないことや規定サイズのラップができていないなどの事例が考えられます。
したがって、異変に気づいた時点で一刻も早く補修工事を行いましょう。

*排水溝の詰まり

屋上の排水溝にゴミや枯れ葉が溜まることによって、排水溝が詰まります。
雨が降った際に雨水を排出する場所がないため、普段では浸水しない場所に水が流れ込み、雨漏りが発生します。
また、詰まった排水溝に雑草が生え、その根っこが防水層を突き破り雨漏りの原因となることもあります。
そのため、排水溝の清掃が必要です。

 

□まとめ

今回は屋上の雨漏りや防水工事について解説しました。
雨漏りは異変に早く気付くことが大切です。
なぜなら、雨漏りを放置すると、構造部に使われている素材の腐食が進み、修理費用が膨れ上がってしまうからです。
当社には一級施工管理技士、壁劣化診断士、防水施工技能士の資格を持ったプロフェッショナルが多数在籍しています。
お住まいの住宅で雨漏りが発生した際には、ぜひ当社にお問い合わせください。